ターニングポイント

          おれが今の仕事について 30年ぐらいになります

          今ですら建築業界では 女性の方も見受けられますが

          おれが若いころ それはもう男の社会 男の世界でした

          いろんな業者や いろんな会社の人間がいるのでトラブルや喧嘩も多かった

          力がすべてで 弱肉強食みたいなところがありましたね

          日記 「 神話崩壊 」 でおれの右腕の写真を載せましたが

          若い頃は もっと太い腕をしてました 現場でよく腕相撲とかするんですが

          記憶にあるかぎり負けたことはなかったですね 


画像




          20代後半 一人立ちして会社を興し 血気盛んなとき

          夏のある日 応援で一日だけ 藤沢のマンションの新築工事現場に行ったときのことです・・



          朝 仕事の準備をしていたら 現場の隅で何やら騒動が

          気になって見ると 元請会社の社員が大勢に何かを言われ

          上司らしき人には頭を叩かれていた 何かミスでもしたのかと思ったけど

          見るからに彼より若いやつらにも罵倒されていた 

          

         
          一番おどろいたのは その彼が終始笑顔でいたことだった

          あれだけ言われ叩かれて笑顔でいるなんて 異様な光景だった




          お昼の時間 元請会社の連中はエアコンの効いた 涼しい現場事務所で食べる

          下請け会社の連中はというと 汗をかきながら車の中で食べたり 現場の隅で食べたりする


          そんな中 元請会社の社員である彼が隅っこで一人お弁当を食べていた

          おれは車の中で食べ 気になっていたので 彼の所へ行きました


画像




          すると彼は生まれつきの聴覚障害者でした

               
            
          この仕事は危険が伴うので

          耳が聞こえない彼には雑用的な仕事しか まかされないんですね

          耳が聞こえないだけて からかったり 罵倒したりして いいのだろうか



          おれたち健常者こそ 心に障害をもっているんじゃないのかな




          彼が持っていたノートとペンで筆談しました

          気が合ったのか話も弾んで楽しかったです

          おれと同じ年で結婚していて 奥さんと子供の写真を自慢気に見せてくれました

                
                  可愛い奥さんと娘さん 




          彼の悲しみや苦労は おれが想像する以上だと思います

          自分の立場を考え 自分のやれる範囲で精一杯 生きている

                 
                  奥さんと子供のために ・・



          おれと彼とでは 心のありようが まるでちがっていた

          今までおれが思っていた 男として 人としての強さ

          本当の強さというものを 教えられたような気がした

          




          若いときに彼に出会えたのは本当に良かったと思います



          みなさんにも いい出会いがありますように ・・







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

MARI
2010年10月01日 10:07
こんにちは♪
本当に…人として人の心を持てなくなった人間が沢山いますよね。
私、子供にはそこだけはなくさないように育てたいと思っています。譲れない部分ですね。
最近のニュースでやたら多い、メンタルの壊れた大人が教師や幼稚園バスの運転手になって恐ろしい入れ知恵をするという…日本はどうにかしちゃったのかしらね…
2010年10月01日 13:39
この文章を読みながら、なぜか涙が出てしまいました。
人の本当の強さとは・・・この方も、自分が受けているかもしれない屈辱を乗り越え、家庭を守り、懸命に生活している。
私達は相手の立場を考えてあげられる、思いやり、気使い、優しさなどが必要ですよね。
人が人に対しての心が、曲がった物になっては悲しい世の中になってしまいます。
強さは力だけではなくて、心の持ち方にもあるのですね。
ありがとうございます。
ryousuke
2010年10月01日 22:03
MARIさん こんばんは♪

ほんとに 毎日のように嫌なニュースばかりですね
人のことをかまわずに 自己中心的な考え方の人間が
多いように思います

子供には 人の気持ちをわかり 人の痛みもわかる
そういう人間になってもらいたいですね
2010年10月01日 22:12
 こんばんは~ 

 記事を読んでいて 憤りを感じました。 
悲しい 切ない 話ですね 
聴覚障害の彼 偉いですねぇ 
その人の立場になって考えれない ちっぽけな心しかない人は
最低ですよ 
そこへ行くと ryousukeさんは優しいですねぇ~
尊敬します  m(__)m 
ryousuke
2010年10月01日 22:20
momijiさん こんばんは♪

強さとは見える部分だけではないですね
人として本当に大切なのは 見えない部分
気持ち・こころですね
揺るぎない強い思いが家族を守り くだらないイジメにあっても
自分を見失わず 笑顔でいられるんじゃないかと思います

ryousuke
2010年10月01日 22:46
みなみ風さん こんばんは♪

ほんと悲しいですね
弱い立場の人間を みんなで寄ってたかってイジメて・・
自分がされて嫌なことは 相手もされて嫌なはず
みんながもう少し思いやりの気持ちをもてたら
年寄りや子供 障害のあるかたが 住みやすい世の中に
なるんじゃないかと思います

おれなんてまだまだです ありがとうございます ^^
2010年10月03日 05:12
こんばんは☆

何だか考えちゃいますね・・・。
そんな状況見たら、私もryousukeさんと同じことをしたいと思います。
でも、勇気があるかはちょっと不安ですね。

私は、4年くらい前から視聴覚障害者に文字で言葉を伝える『要約筆記』
というボランティアをやっています。
あまり知られていないのが現状ですが、障害者の方と触れ合う機会は自分
人生の糧になります。
心がきれいで、素直で・・・。
ryuosukeさんが彼と筆談をされている姿が目に浮かびます。
彼と同じく、心がきれいなのが伝わってきます。
家族を守っている、彼・・・素敵ですね。
すごい勇気をもらいますね♪
ryousuke
2010年10月03日 17:31
ももさん こんばんは♪

おれはともかく 彼は強くて心の優しい人でした
彼の瞳が純粋そのもので おれなんか足元にも
およびません
彼に出会ったことが おれの人生を変えてくれたのかも
しれません

ももさん ボランティア えらいですね
なかなか出来ることじゃないですよ
2010年10月05日 22:46
こんばんは☆

『出会い』って 全てに意味があるんですよね。
いい出会いばかりではないですが、未来の自分にプラスになるために、神様が出会わせてくれてるんですよね^^
ryousuke
2010年10月06日 19:33
チカさん こんばんは♪

おれは今まで 良い出会いが多かったように思います
その度に感謝の気持ちをもちながら生きてきました

出会いと別れをくりかえしながら
人生を歩んでいくんですね